ちょっと気になる情報

気になる情報を発信します。

日立市のイトーヨーカドー閉店

茨城県日立市のJR日立駅前の
イトーヨーカドー日立店」が16日、
閉店したそうです。

午後7時すぎ、浦川昌志店長が
「長くご愛顧いただき、そして助けていただき、
ありがとうございました」と感謝の
言葉を述べると、シャッターが下ろされ、
30年の歴史に幕を閉じた。

同店は1991年10月、駅前の中核商業施設として
オープンしたが、郊外型大型商業施設の
進出やネット通販の普及に伴う競争激化、
コロナ禍による売り上げ減少などから
閉店を決めたそうです。

閉店により懸念されているのが、
駅前商店街のさらなる空洞化だ。

後継店舗について、市は商業施設の
誘致を基本に交渉を進める方針。
テナントが埋まらなかった場合は、
テレワークなどのビジネス機能や、
高校生、高齢者らの交流スペースを
兼ね備えた複合拠点施設も視野に
整備を進めるそうです。

昔の百貨店のようなお店は厳しいですね。
専門店がどんどんできています。
ネットもあります。
いくら立地がよくても売れない時代です。

日立市のイトーヨーカドー閉店

茨城県日立市のJR日立駅前の
イトーヨーカドー日立店」が16日、
閉店したそうです。

午後7時すぎ、浦川昌志店長が
「長くご愛顧いただき、そして助けていただき、
ありがとうございました」と感謝の
言葉を述べると、シャッターが下ろされ、
30年の歴史に幕を閉じた。

同店は1991年10月、駅前の中核商業施設として
オープンしたが、郊外型大型商業施設の
進出やネット通販の普及に伴う競争激化、
コロナ禍による売り上げ減少などから
閉店を決めたそうです。

閉店により懸念されているのが、
駅前商店街のさらなる空洞化だ。

後継店舗について、市は商業施設の
誘致を基本に交渉を進める方針。
テナントが埋まらなかった場合は、
テレワークなどのビジネス機能や、
高校生、高齢者らの交流スペースを
兼ね備えた複合拠点施設も視野に
整備を進めるそうです。

昔の百貨店のようなお店は厳しいですね。
専門店がどんどんできています。
ネットもあります。
いくら立地がよくても売れない時代です。

留学生の新規入国

政府は、新型コロナウイルス
水際対策として制限している
留学生の新規入国について、
近く段階的に緩和する方針を
固めたそうです。

来日して日本国内で単位を取得しなければ、
母国で進級や卒業ができないといった
事情を持つ国費留学生の入国を優先。

その後、全体の9割超を占める
私費留学生も入国を認める方向だ。
政府関係者が14日、明らかにした。

政府は2021年1月に、国費留学生など
一部を除き、留学生の新規入国を停止。

変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、
同年11月末からは国費留学生の
入国も停止している。

入国制限の長期化で留学先を別の国に
変更する動きもあり、大学関係者や
経済界から緩和を求める声が上がっているそうです。

大学が多すぎますね。
私立大学は半分にすべきです。
学生の人口が減っているのに
大学はそのままです。
おかしいと思います。

アマゾンの「Echo」シリーズ

アマゾン ジャパンは12日、Amazon
音声サービス「Alexa」を搭載する
スマートデバイス「Echo」シリーズに
おいて人の在室を検知したり、不在を
判定したりすることによって起動する
定型アクション機能の利用が
可能になったそうです。

人の在室・不在の検知・判定により
起動する定型アクション機能では人が
Echoシリーズの製品のそばにいること
(在室)を検知した時に「アレクサ、〇〇をして」と
話しかける必要なく、Alexaが自動的に
照明などの家電の電源をつけたり、
天気やニュースを読み上げたり、
音楽を再生したりする定型アクションを
Alexaアプリから設定・利用することが
できるそうです。

また同様にEchoシリーズの製品の
そばに人がいない(不在)と判定した時は
自動的にテレビやエアコンなどの家電の
電源を切ったり、音楽の再生を止めたりするなど、
事前に設定した定型アクションを実行することが
可能だそうです。

これらの機能の利用に当たって製品ごとに
事前に定型アクションを設定する
必要があるということです。

すごいですね。
機能がどんどん進化します。
便利になりますね。

待機期間の短縮

岸田首相は13日、「オミクロン株」の
濃厚接触者の待機期間の見直しに
ついて「必要に応じて対応していくことも
考えていきたい」と述べたそうです。

新型コロナの感染が急拡大する中、
「オミクロン株」に感染した人の
濃厚接触者は現在、自宅などで
14日間の待機が求められている。

一方で、医療従事者が感染したり
濃厚接触者になって休職するケースが
出ており、待機期間などの見直しを
求める声があがっている。

岸田首相は13日、東京都内で記者団に対し、
「専門家から意見を聞く中で、感染が
急拡大した場合に医療や介護などの
現場も含め、社会機能が維持されることが
困難にならないよう工夫していかなければ
いけないという指摘がある」と述べた上で、
濃厚接触者の待機期間の短縮について
「必要に応じて対応していくことも考えていきたい。
具体的にどうするかは、柔軟な対応を引き続き
検討していきたい」と述べたそうです。

岸田首相は、柔軟ですね。
いろいろな意見などですぐに変更します。
こういうのは重要です。
悪いのは直せば良いと思います。

微アルコール

アルコール度数が1%未満の
「微アル飲料」が好調だそうです。

昨年は大手メーカーが新商品を相次いで
投入し、「微アル元年」とも言える1年だった。

ノンアルコール飲料も工夫を凝らした
商品が続々登場しているそうです。

ビールのアルコール度数は通常5%ほどだが、
6月に全国発売されたビアリーは
わずか0.5%。

ビールを醸造した後、アルコール分だけを
丁寧に抜き取る独自の蒸留技術で、
麦のうまみとコクを実現したという。

飲んでみると、確かにビールの味わいだが
一向に酔いが回らないそうです。

 同社新価値創造推進部の梶浦穂部長(46)は
開発の背景をこう語る。

「コロナ禍を受けた健康志向に加え、
『あえて飲まない』という人が若者を中心に
増えているんです」。
ビアリーを含むアルコール風の清涼飲料の
売り上げは、昨年12月に前年同月から27%増え、
10か月連続の2桁増を記録したそうです。

時代が変わっていますね。
昔は、ビールで酔いたい人が多かったです。
今は、酔わないのですね。
若者も変化しているのでしょうか。

認証店の協力金増額可能

政府は10日、新型コロナウイルス対策の
時短営業に応じた飲食店に支払う協力金に
関し、各自治体への交付金の運用を
見直す方針を固めたそうです。

感染対策の取られた認証店より
非認証店の方が高額だとして
沖縄県などから改善を求める声が
上がり、午後8時までの時短営業なら
同水準まで増額できるようにして
不公平感を解消するそうです。

まん延防止等重点措置の適用地域で
自治体が制限をかける場合、
認証店は午後9時まで、非認証店は
酒類の提供は禁止で午後8時までを
基本に自治体が判断する。

臨時交付金の要綱では、午後9時までには
1日2万5千〜7万5千円、午後8時までは
3万〜10万円を支払うことができるそうです。

不公平はよくないですね。
是正すべきです。
それにしても沖縄は感染者が多すぎます。